女性ホルモン増やす 方法

入浴

血液の流れを良くして、気持ちをリラックスさせることは女性ホルモンの分泌を高めることにつながります
これは、女性ホルモンの分泌指令を出す間脳の視床下部はストレスの影響を強く受けます。
だから、入浴によるリラックスした状態がストレスホルモンを減らし、女性ホルモンの分泌の増加に有効なのです。

 

 

そこで、おすすめなのが、ゆっくりとお風呂につかることです。
最近はシャワーで済ませる人が多いようですが、これではリラックス効果が不十分です。
一日の疲れをお風呂につかって取り除くようにしましょう。

 

特に半身浴は体の芯まで温まり、血行促進効果を得ることができます。
多くの女性が悩んでいる冷え性、この冷え性は女性ホルモンの分泌低下の原因にもなってしまいます。
体の冷えを感じているかたは、ぜひ半身浴を試してみてください。

 

 

半身浴は、ぬるめのお湯にみぞおち辺りまでゆっくりつかります。
約20分位、じんわり汗が出てきた体の芯まで体が温まっているサインです。

 

冷えは万病の元と言われます。
特に女性にとって冷えは女性ホルモンの分泌を低下させるので特に病の元になる危険性があります。
入浴により、 心身の疲れがとれて、質のよい睡眠へと導くことは非常に良い流れなので、お風呂はゆっくり浸かるようにしましょう。

 

冷え性に悩む人には代謝をサポートするサプリメントがおすすめ

代謝向上に効果的な栄養素をサプリメントで積極的に取り入れることで、冷え性の対策になります。
ショウガや、唐辛子に含まれているカプサイシンをサプリメントで摂取することで、代謝を高めることが可能です。
サプリメントで黒酢を体内に補給することも、代謝の高い体質になる効果が期待できるといいます。

 

代謝を上げることは、普段の生活で意識することはあまりないですが、身体にとってかなり大事なことです。
普段どおりの食生活をしていても、代謝が高いと体重が増えづらく、代謝が低いと体重増加が加速します。
代謝が高くなれば、ダイエット効果も得られやすい体になるということが言えます。

 

健康を高めるためには、代謝の低さを何とかして改善することが大事です。
代謝が下がると免疫力や、抵抗力の低い体になり、病気へのリスクが高くなってしまいます。
重病にかかっているというわけではないですが、一度病気にかかると治りが遅かったり、体調を崩しやすくなることがありえます。
冬になると冷え性がきつくなるという人の原因は、代謝の低い体質が関係していることがあります。

 

また、女性ホルモンを増やすことも冷え症改善には効果的です。
年齢と共に女性ホルモンは減少していくので、サプリメントなどで補充していくのもよいでしょう。

 

普段から、冷え性に対する備えをしっかりしておかないと、冷え性が原因で体温が低くなり、低体温症になることがあります。
代謝はとても重要なものなので、ぜひ代謝をアップさせてくれるサプリメントを取り入れて、健康な体づくりに役立てましょう。