女性ホルモン増やす 方法

女性ホルモンを減らす生活習慣

35歳から女性ホルモンは徐々にですが確実に減ってきます。
しかし、その減りを緩やかにするのか、激しくするのかは生活習慣によって変わってきます。

 

【こんな生活が女性ホルモンを急速に減らす】

・睡眠不足
・偏った栄養
・喫煙
・多飲酒
・人間関係の悪化
・運動不足

 

【女性ホルモンの減りを緩やかにする生活習慣】

・無理はせず質の良い睡眠を取る
・バランスのとれた食事
・禁煙
・お酒はたしなむ程度
・自分のストレスを発散させる最適な方法を知る
・適度な運動

 

どうでしょうか?あなたはできていますか?

 

同じ年齢の女性がいても趣味があり毎日が充実している方は健康的に見え、若々しく見えませんか?
一方で、引きこもり気味で、外出する気力もない機会もない人は同じ年齢でも老けて見えますよね。

 

それは、一重に女性ホルモンの分泌量の違いです。
趣味があり毎日が充実している方は女性ホルモンの分泌が増えているので、全く関係ないように見える、肌のハリやくすみまでが改善されるのです。

 

 

35歳で気づけばしめたものです。
何故なら全然間に合うから!
そのままにしておくと、ますまわ老けていくところだったのを現状維持や、現状から回復できるのは女性ホルモンの分泌を増やす生活習慣の改善にかかっています。

ホルモンバランスを整える栄養素

女性ホルモンはとてもデリケートな為、肌の状態に現れやすく、情緒に影響を及ぼすなど、その乱れは日常生活にも支障をきたします。
ホルモンバランスが乱れる大きな原因として、食生活の乱れが挙げられます。

 

偏った栄養、インスタント食品や加工食品の摂り過ぎなどはホルモンバランスに悪影響です。
まず食習慣を見直すことから始めてみましょう。

 

女性ホルモンに良い影響を与える栄養素多く摂取すればいいのです。

 

有名なのは大豆製品に含まれている大豆イソフラボン
イソフラボンはポリフェノールの一種で、女性ホルモンと似通った作用をする事で知られています。
その為、女性ホルモンが補充されたような感覚になりますので、更年期障害や生理不順などに効果があると言われています。

 

その他、ホルモンバランスの乱れを改善させる働きがあるとされるビタミンB6、ホルモンの分泌を促進、またバランスを整えてくれるビタミンE
抗ストレス作用のあるとされる副腎皮質ホルモンを分泌・促進されるというパントテン酸などを日々の食事で多く摂取するとよいでしょう。

 

 

栄養を効率よく補えるサプリメント

 

日々の食べ物だけでは栄養バランスがとれていない時は、サプリメントを使うといいでしょう。

 

健康な心と体を維持することで、やりたいことをめいっぱいやれる人生を送ることができます。
健康にいいものを食べて、栄養を補給することが、健康増進のベースになっています。
現実には分かっていても、栄養バランスの良い食事をするのはなかなか難しいことです。

 

サプリメントを活用することで、栄養の偏りを補うことができます。
食事のみではどうしても足りなくなる栄養がありますので、そういう時はサプリメントの出番です。
どのサプリメントが必要なのか、普段の食事内容や、自分の体調に合わせて、条件に合うものを選べます。
いつまでも健康でいたいという人にとっては、食事は体を支える基礎になります。

 

食べ物が毎日大量に余っている現代では、何を食べるべきかは自分の意思で選択しなければなりません。
栄養のバランスを考えずに、手軽に食べられるものばかりで食事を済ましていると、栄養が偏ってしまい、不健康な体になってしまいます。

 

現代人の食事は、脂質や、糖質が多くなりすぎて、ミネラルや、ビタミンが欠乏しやすいことが、問題点として挙げられます。
日々の食事だけでは不足している栄養は、サプリメントを使って補給することで、健康状態を維持することができるようになります。