女性ホルモン増やす 方法

更年期障害とエストロゲンの関係

女性は閉経に向かって、人によって差がありますが、10年かけて徐々に女性ホルモンの分泌が減っていきます。
40歳を過ぎる頃から卵巣の機能の低下により女性ホルモンの分泌が減少し始め、10年間かけて、徐々にとはいえ、女性ホルモンの減少がおこることで不快な症状が起こり、これを更年期障害といいます。

 

女性ホルモンの中でもエストロゲン(卵胞ホルモン)のことで、卵巣から分泌されるのですが、このエストロゲンが女性らしさを作り出しているため、肌の衰え、髪の衰えという女性の美しさを奪っていくのです。

 

また、更年期障害の症状が一律でないのは、ホルモンの減少量が人によって違ったり、それによる自律神経の乱れもこれまた十人十色だからです。

 

ですから、人によって更年期障害の対応の仕方は異なるのですが、女性ホルモンの減少をなるべく抑えたい、時間をかけて減らしたいのは皆同じです。
ですから、減った女性ホルモンを補充する人が増えています。

 

その方法は、ピルや植物性エストロゲンなど外部からホルモンを摂取する方法
卵巣機能の低下を向上させるためのサプリの服用やヨガやストレッチなど卵巣機能向上をもたらす運動、アロマやマッサージなどの外的要因など様々な方法があります。

 

 

自律神経とアンチエイジングの関係

人間の体には様々な神経が存在しますが、生命維持を司っているのが自律神経です。
心臓の動き、体温維持、呼吸、発汗、消化機能、ホルモン分泌、代謝などは自律神経の働きによるもので、自分の意志ではコントロールすることはできません。

 

自律神経の中には、交感神経副交感神経があります。
交感神経は、緊張した時、頑張る時など、エネルギーを生み出したい時に働く神経です。
一方、副交感神経はのんびりしている時や眠っている時に働きます。
呼吸、心臓の働きが安定し、毛細血管は開いて、全身の隅々まで血液が運ばれてる状態になります。

 

昼間は交感神経が優位に働き、夜は副交感神経が優位に働く、この切り替えがうまくできれば質の良い睡眠を得ることもできます。
眠っている間は、健康寿命とアンチエイジングに大きな影響を与えるメラトニンと成長ホルモンが分泌されます。
また睡眠中に体内の排泄物や老廃物、疲労物質の回収も行われます。
副交感神経がうまく働かないと、これらの役割を果たすことができず、老化を早める原因となってしまいます。
すなわち自律神経のバランスが整うことが、アンチエイジングのカギになるのです。

更年期と冷えの関係

多くの女性が悩んでいる冷え。
冷えも女性ホルモンの影響を受けますので、年齢ごとに冷えのタイプも変化します。

 

40代前半までに良く見られるのが、体全体ではなく、手足の先が部分的に冷える末端冷え性です。
末端冷え性は血行不良により体の隅々まで熱が行き渡らず、末端に冷えを感じてしまいます。

 

では、どうして血行不良を起こすのか。
これは、体が緊張しているからです。
仕事が忙しかったり、人に気を使いすぎたりなど、感が高ぶった状態の時、本人が意識していませんが体はカチコチになっているのです。
これが長期間続くと、血行が悪くなり、緊張冷えを引き起こしてしまうのです。

 

更年期に入る頃に見られる冷えは、内臓冷えです。
加齢による胃腸の消化吸収機能が衰え、エネルギー不足になってしまいます
その為、手足がだるくなったり、意欲が低下したり、心身に不調が起こってしまいます。
また内臓冷えは、腎臓や膀胱などの泌尿器の機能、骨や歯の成長にも影響を与えます。
年齢を重ねるとともに夜のトイレに何度も起きたり、骨密度の低下で骨粗鬆症になったり、歯が弱くなったりするのは、内臓冷えが関係しているのです。

 

冷えは万病のもと。
決して放置せず、早めのケアを心がけてください。