女性ホルモン増やす 方法

ピルのデメリット

若返りの薬と言っても過言でない女性ホルモンんの塊であるピルですが、やはり薬ですので、もれなく副作用がついてきます。

 

但し、病院で処方されるピルは中容量ピルではなく、低用量ピルですので、最近のピルは副作用が出にくくなったとといわれています。
主な副作用は

 

・太りやすくなる
・吐き気がする
・頭痛
・不正出血
特に飲み続けていくことで副作用を感じなくなる人も多くいます。
これは、最初は、ピルを服用すると女性ホルモンが増えるので、体内のホルモンバランスが崩れて副作用が出るのですが
飲み続けると習慣化するため、体がホルモンバランスの動きになれてくるため、副作用という症状がでなくなるからです。

 

ただし、太りやすくなるというのは、治りにくいようで、ピルを服用しても太りにくくするヤスミンというピルが人気になっています。

 

又、飲み始めに起こりやすい不正出血は、体内で急激にホルモン量が増える為、起きますが服用を継続することで不正出血は出にくくなります。

 

しかし、ピルは体が不具合を感じるだけではないところが怖いのです。

 

ピルには目に見えないリスクが伴います。

 

・突然の不正出血
・血栓ができやすい体になる
・乳がんのリスクが高まる
・肝機能の低下

 

これは命さえおびやかすリスクですから、キレイになるからと言って安易にピルを服用するのは危険と言えます。

 

不正出血には要注意

 

不正出血は、突然起こるので驚く方が多いようですが体が慣れてしまえば大丈夫なものが大半です。
しかし、まれに不正出血がおきた時に注意した方が良い場合があります。

 

・クラミジアやカンジタなど何らかの性病に感染している時に起こる
・排卵がない時に起こる
・ピルが原因の不正出血ではない

 

性病の放置は不妊の原因になります。
生理が来ていても排卵のない生理であれば、不妊の原因になります。
子宮がん・子宮がんの可能性もあります。

 

このように、ピル服用後、不正出血が落ちついていた、又はなかったのに突然の不正出血が続くようであれば、原因をはっきりさせて改善するためにも速やかに婦人科を受診するようにしましょう。

 

喫煙者はピルを飲むのは危険

ピルを使用すると血栓症を発症してしまうリスクがあります。
これはピルに含まれるエストロゲンに血液を固めようとする働きがあるため固まった血液が血管を塞ぐことで脳梗塞や心筋梗塞をもたらします。

 

それでも、20代だと血管も若く血栓の影響は出にくいのですが、30代になるとだんだんと血栓の影響を受けやすくなります。
本来であれば、30代になると徐々にエストロゲンの量が減り、血栓のリスクも下がるのですが、ピルを服用することで、血管が老化し始めてもエストロゲンの量が減らないので血栓のリスクが高まるのです。

 

これが喫煙者となるとなおさらです、タバコは動脈硬化を早めるため、喫煙者の30代の女性と非喫煙者の30代の女性では血管の若さがかなり違っています。
ですから、たばこを飲みながらピルを服用するとなると血栓症のリスクを高めてしまうのです。

 

婦人科でピルを処方してもらう場合、喫煙者だとピルを止めるか禁煙をするか2択をせまる病院もありますので、そのリスクは高いといえるのではないでしょうか?

 

どちらにしても喫煙は肌の劣化を促進して老け顔の原因になるので早めの禁煙をおすすめします。