女性ホルモン増やす 方法

女性ホルモンが減ると太る

エストロゲンは美のホルモンと言われ、女性の美しさにさまざまな影響を与えています。
ダイエット効果もその一つ、エストロゲンは脂質代謝を高める作用があるため、分泌が多いと太りにくい体になります。

 

更年期になると、今までと同じ食事量でも太りやすくなるのは、エストロゲンの分泌が低下することが原因です。

 

また、若い頃に比べると代謝が落ちてしまうので、若い頃と同じ食事量ではエネルギーが消費されず蓄積されて太ってしまうのです。
カロリーオーバーにならないためにも、自分の年齢と活動レベルから算出される一日に必要とされるエネルギーの目安を知っておくとよいでしょう。
それに合わせた食事内容に改善することです。

 

また、アンチエイジング効果のある遺伝子である、サーチュイン遺伝子は腹7分目の状態で活性化されます
腹7分目では満足できないかもしれませんが、続けて行くうちに胃が小さくなり慣れてきて、1カ月後には体調に良い変化を感じらます。
若さを保つためにも、腹7分目の食事を心がけてみてはいかがでしょうか。

閉経後のダイエットの必要性

更年期に入ると女性は太りやすくなります。

これは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下することが原因です。
エストロゲンには、女性らしい体を作る作用のほかに、脂肪燃焼を促進させる作用や内臓脂肪を減少させる作用があります。
女性ホルモンの分泌が盛んな時期は、これらの作用により女性の体は守られています。
閉経前の女性にメタボが少ないのは、エストロゲンのお陰なのです。

 

しかし、更年期に入るころにはエストロゲンの分泌が急激に減り、脂肪が蓄積しやすい体になってしまうのです。
若い頃と同じような食事内容では、メタボまっしぐら。
閉経後は食事に気をつけ、太っている方はダイエットが必要です。

 

食事は、栄養バランスに心がけ、腹八分で抑えるようにしましょう。
加齢とともに低下した基礎代謝をアップさせるためにも、運動は必要です。
軽めの有酸素運動であるウォーキングは、運動が苦手な方や運動習慣がない方にもお勧めのスポーツです。

 

閉経後は、生活習慣を見直し、メタボにならないよう気をつけましょう。

女性ホルモンが減るこそ健康的なダイエット

加齢に伴い必ず女性ホルモンの分泌は減ります。

つまり、多くの女性が太りやすい体になるのは避けられません。

 

そこで、40過ぎから行いたいないのが体に負担の少ないダイエットです。
注意したいのは、体に負担のかかるダイエットは女性ホルモンの分泌を抑制してしまうので、健康的なダイエットを心がけるようにしましょう。

 

ダイエットをする以上は、カロリー制限をしなければいけないという先入観はつきものです。
だから、好きなものを食べるのを我慢して、辛い運動をしながらダイエットに取り組んでいる方も多いはずです。

 

しかし、>35歳からのダイエットは『ともかく体重を落とす』という考えから『健康的な体になるために体重を落とす』という考えにシフトしたダイエットと行う必要があります。
なぜなら、この先、年を経るごとに体重コントロールを心がけた食生活が必要となっていくのに、好きな食べ物を我慢したり、苦手な運動を続けるといのは精神的にも身体的にもつらく、なかなか続かないものです。

 

よって健康にいいダイエットをするためには、食事を闇雲に減らすのではなく、栄養のバランスを考えることが大切になります。

 

さらに、食事の仕方にも注意が必要です。

 

特に昼食を1人で食べる習慣になっている専業主婦はササッろ食事を終わらせる傾向があり、食べ終わるまでの時間が早かったり、一口が大きすぎたり、ちゃんと噛んでいないことがあります。

 

食事は良く噛んで食べることを心がけることで、満腹中枢が刺激されて、たくさん食べなくても済むようになります。

 

良く噛んで食事をしない方は、食べ過ぎてしまう傾向にあるので、カロリーを多く取りすぎてしまいがちです。

 

身体にいい食事の摂り方をすることが、ダイエットをするための第一歩です。
食べ物の味や食感を楽しみながら食事をすることは心身共にいい効果がありますので、自然とカロリー制限によるダイエットができます。

 

スープ活用!継続しやすいダイエット

スープを活用したダイエット方法は食事にスープを取り入れるだけの簡単な方法です。

 

体重コントロールを目的とした長期的なダイエットには、心身への負荷が大きくなりすぎないようにするのが大切なのでスープを活用したダイエットは適当です。

 

スープダイエットの魅力は、野菜をたっぷり食べられ低カロリーなのにお腹にたまりやすく満腹感が得られ空腹の抑制作用があります。
さらに味を変えやすく、飽きることなく継続できます。

 

夜だけダイエットスープを利用して食事を改善、朝昼は好きなものを食べるとストレスなく続けやすいです。

 

便秘気味に方におすすめ!ご飯を玄米にするだけのダイエット

日本人の主食である白米を玄米に置き換えたり、一緒に混ぜて食べることができるなど、健康効果も高い玄米をダイエットに用いることで、健康的なダイエットができることも、玄米の魅力です。

 

食物繊維をたくさん含んでいることが、玄米がダイエットに適すると言われる理由の一つです。
食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維とに分かれます。

 

玄米には両方のタイプの食物繊維を豊富に含むのです。
食物繊維を摂取すると腸内でかさを増やして大腸に刺激を加えるため、便の出を良くしてくれる効果があります。

 

食物繊維が水を含むと、胃や腸の中で膨らんでいき、これが満腹感を呼び起こすため、結果的にたくさんの量を食べなくてもお腹がいっぱいになります。
ダイエットを成功させたいという意欲はあるけれど、つい食べ過ぎてしまうという人は、玄米食をメインにすると食べすぎを抑制できます。

おなかがグーは若返りタイム

空腹になるとお腹がグーと鳴りますよね。
実はこの間、体の中では若返りが起こっているのです。

 

胃の中が空っぽになると、グレリンというホルモンが分泌されます。
空っぽの胃から空気だけが腸に送り出されるため、お腹が鳴ってしまいます。
グレリンが、胃の中が空っぽだということを脳に信号を送ることで、私たちは空腹感を覚え、食欲を感じることができるのです。
グレリンが分泌されることで、もう1つ素晴らしい効果を得ることができます。
グレリンには成長ホルモンの分泌を促す作用があるのです。
成長ホルモンとは、別名若返りホルモンとも言われています。
骨や筋肉の成長を促進させ、免疫機能を正常に保つ働きの他、内臓脂肪の燃焼効果、記憶力向上などにもよい効果を発揮させてくれます
年を重ねるごとに落ちなくなった脂肪や記憶力の低下などの改善が期待出来るということです。

 

思春期の頃に成長ホルモンの分泌はピークを迎えます。
その後どんどん分泌量は低下する一方。

 

しかし素晴らしい作用を持つ成長ホルモンが空腹時に分泌されるのです。
お腹がすいても慌てて食べる必要なんてありませんね。

 

今まさにアンチエイジング中ですから。

体の内側からキレイになる漢方によるダイエット

ダイエットに漢方薬を利用することで、体の内側から健康になることが可能です。

 

東洋医学と聞くと、じんわり体に効果をもたらし、維持することができます。
漢方は予防目的としても使えますので、身体への作用がゆるやかです。

 

一般的なダイエットは、食事の制限やハードな運動など身体に無理がかかるものですが、漢方を使うダイエットはちょっとずつ体質を改善しながら体重を減らします。
市販の漢方薬でも、ダイエット効果が期待できるものが何種類かあり、誰でも購入できるので手軽に始めることができます。

 

お通じを良くしたり、体内に留まっていた不要な水分を汗や尿にして排出し、体を解毒する作用も、漢方薬から得ることが可能です。
漢方によって腸内環境が改善され、体が本来持っているリズムに戻り、体の水分調節ができるようになるので、むくみといった症状も改善することができます。

 

ダイエットのために漢方を使うことで、身体の内面からリフレッシュし、食事の見直しなどの効果も一層実感しやすくなります。