女性ホルモン増やす 方法

女性ホルモンを増やす食べ物

エストロゲンの分泌は、加齢とともに減少していきます。
エストロゲンによって守られていた女性の体は、40代以降から徐々にその恩恵を受けられず、さまざまな不調を起こしやすくなってしまいます。
それを予防させる食生活を心掛けなければなりません。

そこで意識して摂取したいのは、たんぱく質を多く含む食品です。
たんぱく質は、ホルモンの材料となりますので、減少しつつあるエストロゲンを補う働きがあります。

 

しかし、お肉に含まれているたんぱく質は動物性たんぱく質ですので、あまり摂り過ぎると、脂肪やコレステロールを増やしてしまう心配があります。
そこで注目したい食材が大豆製品です。

 

大豆製品は、植物性たんぱく質ですので、脂肪やコレステロール増加の心配がありません。

 

しかも大豆製品に含まれている大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た構造を持っており、似たような働きをします。
よって、エストロゲンの減少による不調を予防することができるのです。

 

また、年齢とともに基礎代謝は低下しますが、大豆イソフラボンには脂肪燃焼効果もありますので、肥満防止となり、中年太り解消にも効果があります。

 

女性ホルモンを増やすのにおすすめなのは豆乳

 

豆乳にある大豆臭さを嫌う方もいますが、2リットル200円で購入できる豆乳はコスパが良く、牛乳の代わりに様々な料理や飲み物に使用することができるため大変便利です。

 

イソフラボンサプリを毎日飲むだけでも手軽に摂取できる植物性女性ホルモンとしておすすめですが、食物繊維が豊富な豆乳ならば、便秘解消しながら植物性女性ホルモンが摂取できるのでおすすめです。

 

 

イソフラボンを吸収できない人がいる

 

ホルモンと言えば、イソフラボンと認知されてからだいぶ経過しますが、最近の研究で日本人の半分の人がイソフラボンを植物性女性ホルモンとして吸収できないと判明しました。
理由は、イソフラボンを女性ホルモンとして吸収するには、ある腸内細菌が必要なのですが、その腸内細菌がお腹にいる女性は、植物性女性全体の半分だとわかったからです。

 

よって、イソフラボンをどんなに摂取しても、この腸内細菌が存在していなければ、意味のないサプリを飲んでいることになっています。
この腸内細菌が自分の中に存在するのかもどうかも名古屋のベンチャー企業が開発したエクオール在宅検査キット4000円があるので調べるのは簡単です。
イソフラボンで摂取し続けたい方は白黒はっきりしていた方が良いので在宅検査をするのはおすすめです。

 

しかし、最近では、イソフラボンを誰でも吸収できる状態にしたエクオールサプリを飲んでおけば安心という人が多く、爆発的人気になりだしたサプリメントです。。

女性ホルモンを増やす食材(ザクロ)について

実を割ると、ルビーに例えられるほどの紅い粒をたくさん確認できるザクロは、粒のひとつひとつに種子を持っていることから、古来は子宝に恵まれる果実といわていました。
また、数年前には美を追求する女性タレントがザクロジュースを飲んで美しさのを保っていると公言しており、美を追求する女性たちの間で話題になりました。

 

これらは、ウワサのように思われがちですが、ザクロに含まれているある成分がもたらすものだということが分かってきました。

 

それはザクロの種子に多く含まれているエストロンです。エストロンは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの一種で、子宮や乳腺の組織を刺激することが知られています。
つまり、ザクロを摂り入れることで、女性ホルモンの補充をすることができるということです。

 

これによって、本来分泌されているエストロゲンのはたらきをサポートすることができ、女性機能をアップさせたり、より美しい肌や髪を手に入れることが可能になるといわれているのです。

 

女性ホルモンを増やす食べ物(キヌア)について

 

栄養価のバランスが良いことから、スーパーフードとして知られるようになったキヌアは、海外セレブを中心に人気が高まり、日本でも最近スーパーなど身近な店舗で手に入りやすくなってきています。
キヌアは南米やアンデス山脈一帯を原産とする植物であり、穀物と分類されていますが、ホウレン草の仲間なので穀物アレルギーの人でも食べることができます。

 

キヌアが注目されるようになった理由には栄養価のほかに、女性ホルモンをサポートするはたらきがあることもあります。
キヌアには、フィトエストロゲンという女性ホルモンと似たはたらきをする植物性ホルモンを含んでいることがわかっています。
フィトエストロゲンは他の植物性ホルモンに比べると強力なものではありません。
しかし、本来分泌されるべきエストロゲンが過剰に分泌される場合に、その働きをコントロールする効果があるといわれています。
そのため、女性特有のトラブルを改善するために効果があるといわれています。