女性ホルモン増やす 方法

関節リウマチと女性ホルモンの関係

関節リウマチは、全身の骨や関節、筋組織などが炎症を起こす疾患です。
炎症が進行すると関節が変形したり、著しい機能障害を引き起こすことがあります。

 

関節リウマチの罹患率は、男性1に対して女性は4と、女性に多く見られることも特徴だといえるでしょう。
なぜ女性に多く発症するのか詳しいことは分かっていませんが、自己免疫性疾患だという説が有力であり、女性ホルモンとの関係が指摘されています。
免疫システムは、外部からからだに侵入する細菌やウイルスを攻撃して自分のからだを守る大切な機能です。

 

しかし、自らのからだで分泌されている女性ホルモンのエストロゲンや乳腺刺激ホルモンを異物と間違えて反応してしまう交代産出を活性化させていることが関節リウマチの原因ではないかと考えられています。

 

さらに女性は妊娠によって免疫のはたらきを制御されますが、出産後に免疫抑制が解除されることによって自己免疫疾患が起こりやすくなるともいわれています。

 

関節リウマチとは?

関節リウマチの発症ピークは30〜40代で、男性に比べると女性の患者さんが多いようです。
発症起因などの詳細は、現代の医学ではよく分かっていませんが、本来、ウイルスや細菌からからだを守って病気を防ぐ役割をしているはずの免疫が、何らかの異常をきたして自らのからだの成分や組織を外敵と判断し、攻撃して排除しようとしたことによって起こる病気とされています。
この攻撃で起こる争いは、関節の中にある滑膜や血管に細胞が増えて骨の軟骨部分や靭帯が破壊します。
これによって、腫れや激しい痛みを伴って、関節を動かさなくても痛みを生じるようになります。
この症状を放置していると、関節は変形し、本来の機能を失っていくことになります。

 

症状が最も現われやすいのが手首や手足の指の関節で、左右両側の関節に現われることが一般的です。
小さな関節は障害を受けますが、膝や股関節などの大きな関節は進行がみられないとされていますが、進行の状態や症状の度合いは人によって大きく異なります。