女性ホルモン増やす 方法

音楽に女性ホルモンを増やす効果があるって本当?

ストレスや急激な環境の変化によって女性ホルモンが乱れて生理が遅れたり不正出血があるなど、女性にはよくあることですよね。
では反対に女性ホルモンの分泌を促す環境というのはどういったものでしょうか?

 

ある大学の研究によると、軽音楽やクラシック音楽を聴くことは、精神的にリラックスしたり不安を和らげることができるため、女性ホルモンの分泌を増加させる効果があるということがわかりました。
しかも性ホルモンの分泌は男性よりも女性の方がこの効果が大きくみられたそうです。
特に人間の脈拍に近いテンポであればクラシック音楽に限らず映画音楽やイージーリスニング、アルファ波に影響を与えるような静かな曲でも効果を得ることができるそうです。

 

自分がリラックスできるお気に入りの音楽を聴くことで女性ホルモンを増やすことができるなんて、とても簡単ですよね。

popでもソウルでもロックでも

クラシックが女性ホルモンの分泌を促すことは研究され証明されていますが、女性ホルモンの分泌を促すのはクラシックだけではありません。

 

popでもソウルでもロックでもあなたが好きな曲、気分が上がる曲であり曲を聴くとドキドキ・ワクワクを覚えるのであれば、ドーパミンが分泌されています。

 

ドーパミンを分泌する神経は、エストロゲンの分泌を促す神経と同じ部屋にあるので、ドーパミンがもたらす刺激が女性ホルモンの分泌を促す刺激にもなります。

 

しかも、曲が好きなアイドルや歌手のであれば、曲を聴くだけで幸せホルモンであるセロトニンも分泌されます。

 

セロトニンは恋をすると女性がキレイになるをもたらすホルモンなので、好きな人の曲を聴くだけで満たされ、あなたをキレイにしてくれます。

 




月額960円3か月無料AWAの詳細はこちら>>





月額500円初月無料dヒッツの詳細はこちら>>

 






月額300円初月無料うたパスの詳細はこちら>>

音楽を聞くだけではもったいない

自分がリラックスできる音楽を聴く場合、座って聞くより寝て聞く方がよりリラックス効果を高めます。

 

仰向けになるとより体全体の力が抜けやすくなるからです。

 

手の平を天井に、足にも力を入れず、目には光が入ってこないようタオルなどで覆い、目を閉じると耳から入ってくるリラックスした音楽により、意識せずともいつもより深い呼吸、リラックスした状態を手軽に作ることができます。

 

しばらく、この状態を続け、伸びをしてもいいでしょう、腰をひねってもいいでしょう、手軽なストレッチをすることで心地の良い感じが幸せホルモンの増加をもたらし、エストロゲンの分泌を促す手伝いをしてくれます。