女性ホルモン増やす 方法

女性ホルモンで活性酸素除去

活性酸素は、呼吸によって体内に取り込んでいる酸素が変化してできるものといわれていますが、紫外線や大気汚染、激しいスポーツ、ストレスなどさまざまなものが要因となって発生しているといわれています。

 

これらは老化や病気を引き起こすリスクを高めているものです。

 

そんな活性酸素を除去する効果があるものとして注目されているのが、なんと女性ホルモンです。

 

女性ホルモンのエストロゲンには、活性酸素を除去するために有効な強い抗酸化作用があるというのです。

 

しかし、女性ホルモンの分泌は35歳頃を境に減少していきます。そして閉経を迎える頃に急激に減少していきます。同じ頃、活性酸素を処理するための酵素の働きも低下する時期にあたります。

 

活性酸素をスムーズに除去するためには、女性ホルモンは不可欠です。生活習慣を整えたり、サプリメント摂取、ホルモン療法、プラセンタなどの方法によって、女性ホルモンのバランスを整えるようにしましょう。

 

活性酸素と老化

 

人の老化現象は生まれた時から始まっているといわれています。

 

しかし、その老化現象のスピードは人によって異なります。

 

同じ年齢でも老けて見える人、いつまでも若々しくいる人、その差は一体なんでしょうか?そのポイントとなるのが活性酸素です。

 

活性酸素は、紫外線を浴びたことによって発生しますが、これによってメラニン色素がつくられ、皮膚にシワやシミやそばかすをつくる原因となります。

 

また、活性酸素が大量に発生すると、細胞を攻撃して栄養の吸収や老廃物を排出できない現象が起きてしまいます。これによって細胞の機能が衰えたり、死滅する、突然変異を引き起こす原因となります。

 

さらには血液中のLDLコレステロールを酸化させ、血管の老化へとつながっていきます。

 

血管が老化すれば、栄養をからだ中に運ぶことができず、からだ中の器官は機能が低下していきます。

 

また、動脈硬化を進行させていく原因となります。さらには運動機能や内臓機能の低下など老化と呼ばれる様々な現象を引き起こす原因となることが分かってきています。

 

活性酸素とは?

 

美容や健康を語る上で、キーワードになる活性酸素。

 

これって、一体どのようなものなのでしょうか?私たち人間は、呼吸によってからだに酸素を取り込んでいます。

 

通常、呼吸によって取り込まれた酸素のうち、約2〜3%が活性酸素になるとされています。活性酸素は、からだの中の酵素と共に代謝され、エネルギーを生みだす過程で発生しています。からだの中で発生する活性酸素には、スーパーオキサイドアニオン、一重項酸素、過酸化水素、ハイドロキシラジカルの4種類があります。

 

これらの活性酸素は体内の細菌やウイルスを防御するための免疫システムとして重要なはたらきを担っています。しかし、その一方で活性酸素が増えすぎると、活性酸素によって細胞そのものを錆びつかせて栄養の吸収や老廃物の排出がスムーズにできなくなってしまうのです。

 

つまり、これが細胞の老化であり、活性酸素が老化現象を進行させたり、病気の原因となるといわれる理由なのです。

女性ホルモン減少がもたらす血管の老化

女性ホルモンは、女性が健やかに過ごすために、からだの中で多岐にわたるはたらきをしているホルモンです。
そのため、女性ホルモンが減少してしまうと、さまざまなところに不調が現われます。

 

例えば、血管に関して考えると、エストロゲンとの関与が考えれます。
女性ホルモンのエストロゲンには、血管を拡げて血液の流れを良くしたりコレステロールや中性脂肪の増加を抑えるはたらきがあります。
生活習慣の乱れや加齢によってエストロゲンが減少すると、血管を拡げる機能が衰えてしまうため、血液をスムーズに流すことができなくなって血行不良が起こりやすくなります。
しかも、これまでエストロゲンの作用によって抑えることができていたコレステロールや中性脂肪の量をコントロールすることができなくなれば、血管の内壁に蓄積されて、動脈硬化が起こりやすくなります。

 

これによって血管の老化が進行して脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクが高まることも少なくないのです。

 

 

血管老化がもたらす肌の老化

私たちのからだには血管が張り巡っていて、その中を心臓から送りだされた栄養や酸素、水分などを含んだ血液が流れ、からだ中に届けています。
元気に過ごしている時には、肌にツヤがあったり血色がよいのは血液を十分に送ることができているからです。
しかし、寝不足やストレス、疲れなどが溜まると、血液を送ることができなくなり、肌トラブルが起きやすい、顔色が悪くなるなどの悪影響が出てしまいます

 

このように、丈夫で健康な血管があれば、健康的に過ごすことができます。
誰もが健康的な血管を持ちたいと考えるでしょうが、年齢を重ねるごとに起こる老化現象は、血管にも現われます。
コラーゲンでできている血管は、組織が劣化したり、変形してしまうことが多くあります。
これによって正常な機能を果たすことができなくなれば、血液や酸素などを十分に運ぶことができなくなり、肌のくすみや潤い低下によるかさつき、トーンダウンの原因となり、肌の老化を促進させてしまうのです。