女性ホルモン増やす 方法

みんなが実践していること

サプリメントは毎日欠かさず飲んでいます。
30代になる前からホルモンバランスが気になりだしてきたのでネットで調べては良さそうな物を選び飲むようにしています。
種類は様々ですが大体3種類のサプリメントを組み合わせて寝る前に飲んでいます。
月に2本程度ですが栄養ドリンクのような物も飲むようにしています。
これはコンビニに寄った再、ドラッグストアなどで選び体のだるさを感じたら飲むようにしています。
あとは本で調べて知ったのですがお風呂に入りながら女性ホルモンが増えるとされる胸の間、腰の辺り、足の付け根の3ヶ所のツボ押しを毎日行うようにしています。
寝る時間にも気をぐばくるようにしてテレビなどで放送されていた11時頃までには就寝するようにし、女性ホルモンを体内から増やす努力も始めました。
効果が維持出来るように体のためにも最近はウォーキングも週に1回はするようにしています。
体も冷やさないように仕事の間は軽い毛布もかけ、できるだけ喉がかわくと白湯、絞ったレモンと白湯を混ぜただけのホットレモンを飲むようにしています。

私が女性ホルモンを増やすためにやっている事は、納豆や豆腐などの大豆をできるだけたべるようにして、栄養バランスの良い食事になるようにこころがけています。
からだをできるだけ冷やさないように足元もふわふわの靴下を履いて寝ています。
そして規則正しい生活もできるだけしています。
朝は6時、夜は12時です。
仕事でたまーに遅くなったり早くなったりしてしまうのですがなるべくこの時間に寝るようにしています。
友達から聞いたのですがハーブティーはとても効果的だそうです。
1日1回は飲むといいそうです。
私がおこなっているのと知っているのはこれくらいです。しかしまだたくさん増やすことが出来ることがあるので、やってみたいなと思いました。
私は女性ホルモンについてはあまり気にしていなかったので今回調べてみたら意外とたくさんのことをしていたので今までの生活はいいことをしていたんだなと思いました。これからも普段通りの生活をおくろうとおもいました。
なぜか明日からたのしみです。

女性ホルモンを増やすために、香りと食べ物、色の方面から取り組んでいます。
薔薇の香りやネロリ(ビターオレンジ)の香りのするものは女性ホルモンに対して効果的だと聞いたので、香水のような形で身に着けたり、ハーブティーのような形で摂取したりするようにしています。
香りの効能で精神的にも安定したり、安心を感じると自然と女性的な気持ちもふくよかになるような気がして、女らしさが増すような気もします。
また、お洋服など箕につける色も、サーモンピンクやローズピンクなど、ピンクをベースにした色味を意識するようにしています。
年齢を重ねてくるとどうしても抵抗が出やすい色味なのかもしれないのでついつい無難な色に傾きがちなのですが、年齢を重ねてこそ似合うピンクを積極的に取り入れるようにしています。
また、柘榴ジュースやチョコレート、ラズベリー、あと上質のオイルを摂取するようにしています。ココナツオイルやマカダミアナッツオイル、アボガドオイルなどは肌つやも良くなったように感じるので、女性ホルモンに働きかけてくれているのではないかと思います。
また、お豆などは女性ホルモンの分泌を助けてくれると聞いたことがあるので、ダイエットもかねて黒豆をハチミツとお酢につけたものを食べるようにしています。

女性ホルモンを増やす為にしていることは、3つです。
1:食べ物を意識する イソフラボンを摂取できるので納豆を毎日1パック食べるようにしています。また、ナッツ類も女性ホルモンを含んでいると聞いて、おやつにつまむようにしています。その際、無塩のナッツを選ぶようにしています。
2:運動をする 週1回ヨガ教室に通っています。呼吸を大切に、体を動かすので、女性ホルモンにも良い働きをしているような気がしています。また、運動することによって、気持ちもすっきりし、リラックス効果も大です。そして、体を冷やさないように、気を付けることも大切にしています。夏でも冷たいものを取りすぎない、クーラーの冷え過ぎに注意する等に注意しています。
3:ピンク色を身に着ける 視覚からの効果もあると聞いて、普段の生活に、ピンク色のものを取り入れるようにしています。ふと、かわいい色を見ると、自然と気持ちが上がるので、効果がありそうだと思っています。無意識化でも活性化させていけたらいいなと思います。

女性ホルモンを増やすために、日頃の食生活で大豆製品と多く摂取するように心がけています。
なかでも特に豆乳が好きなので、お菓子作りや料理の際にも牛乳の代用で豆乳を利用したり、大好きなコーヒーを飲みたくなった時は豆乳をいれソイラテにして飲んでいます。
豆乳のほかには、豆腐もよく調理に利用します。ハンバーグやホットケーキ作りに豆腐を入れることでふんわり仕上がる上に大豆イソフラボンを摂取でき、しかも低カロリーと一石二鳥以上なのでなるべく豆腐をいろいろな料理に使用するようにしています。

 

ほかにもおやつ代わりに昆布豆などを食べたり、もともと大豆製品が好きなので摂取することは多かったのですが、大豆イソフラボンが女性ホルモンの活性化に良いと知ってからは、意識して積極的に摂るようにしています。
食事のほかには、主婦なので恋愛はムズカシイのですが好きな芸能人を応援することで気分的なものかもしれませんが女性ホルモンが活性化されている気になります。
特にライブやイベントの前にはダイエットや肌の手入れにも力が入り、実はこれが一番、女性ホルモンの活性に効果があるかもしれません!

私は(豊潤さじー)という、健康ドリンクを飲んでおります!
こちらのおかげで、生理不順が不思議なことに改善されております。
また、ビタミンなど豊富に含まれているので、健康にも女性ホルモンも増えるかと思います!
若さを保ち、美肌や女性らしいカラダを作るのに大きく関係している女性ホルモン。女性の体が本来持つこの機能を活性化させて、内側からより美しく、健康的にキレイになりたいですよね。今すぐ簡単に生活に取り入れられる、「女性ホルモンの増やし方の方法」をご紹介します。

 

美肌や女性らしい体をつくり、月経周期等など体のリズムをコントロールしている女性ホルモンは、実は美しさや若さを保つだけではなく、ハリコシのある髪や丈夫な骨などの「健康な身体」作りや「妊活」にも大きく関係しています。
女性ホルモンが一生に分泌される量はたったのティースプーン1杯程度と言われています。体の機能を高めて、このホルモンをきちんと分泌させるためには、意識的にバランスの良い生活を送ることが大切です。そこで、女性ホルモンを増やすために必要な、簡単な方法をご紹介します。
●ホルモン活性に効果的な食材をバランス良くとる
体の持つ本来の希望を最大限に活用するには、やはり体内に良質な栄養素を食事で取り入れることが堅実で一番の近道です。季節ごとに手に入る身近な食材で、ホルモンの分泌や働きに効果のあるものを意識的に取りましょう。
ナッツ類
ビタミンEには、脳内の血行を良くする作用があり、ホルモン分泌の司令塔である視床下部の働きを活発化させてくれます。また、女性ホルモンを分泌する卵巣にもビタミンEが高濃度で含まれているため、直接女性ホルモンの代謝にも関わっています。
【アーモンド】や【ピーナッツ】などのナッツ類には、このビタミンEが多く含まれています。その他、オリーブオイルやごま油などの【植物性油】、【アボカド】、【かぼちゃ】、【ほうれん草】や【ウナギ】などの食材でもビタミンEは豊富にとることが出来ます。サラダにアーモンドスライスを加えてみる、など手軽に摂取できる方法で取り入れてみましょう。
大豆製品
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをする為、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる作用があります。また、前述のビタミンEも多く含み、年齢と共に減少していくエストロゲンの不足を補い、トラブルを予防してくれるのです。このイソフラボンは、【豆腐】【納豆】【豆乳】【みそ】【しょうゆ】などの大豆製品全般に含まれています。

ほとんどの魚には、女性ホルモンの代謝に必要なビタミンB6が豊富に含まれています。【マグロ】などの赤みの魚には鉄分も多く含まれており、毎月の月経で失う鉄分も一緒に補うことが出来ます。また、【鯖】や【アジ】、【秋刀魚】などといった青魚にも非常に多くのビタミンB6が含まれています。しかしながら酸化しやすい「活性酸素」が含まれるため、大根おろしと一緒に食べると大根に含まれるビタミンC成分が酸化を防いでくれます。

【卵】は、女性ホルモンをつくる原料となる良質なコレステロールを多く含む食材です。ビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含んでいるため、“完全食”とも呼ばれています。コレステロールが不足すると正常にホルモンが分泌されませんので、是非卵は毎日食べるようにしましょう。
キヌア
NASAも認めたスーパーフード、【キヌア】。南米産のこの穀物には、ビタミンやミネラル、たんぱく質、食物繊維が豊富に含まれており、栄養価がとても高い食材です。さらには、美容に作用する女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをする「フィトエストロゲン」を多く含むため、ホルモン活性化に効果的です。ご飯と一緒に炊いたり、サラダやスープに混ぜたりして、少量でも毎日積極的に取りたい食材の一つです。

女性ホルモンを増やすために、身体を冷やさない、良質な睡眠を取る、飲酒を控える、適度な運動、喫煙を避ける以外に、大豆などのタンパク質を積極的に摂取するよう心がけております。一言に女性ホルモンと言っても、一生のうちに、ティースプーン1杯分出るか出ないかと聞いたことがあります。大豆はイソフラボンという女性ホルモンと同じ作用をする物質が多く含まれていて、女性ホルモンを補うという面で大いに役立ちます。
しかし、イソフラボンの過剰摂取をしてしまうと、婦人科系のガンのリスクを上げるとも言われています。婦人科系のガンと女性ホルモンは大いに密接していると言われてるので、時に女性ホルモンが牙をむくことがあります。
なので、身体にいいからと言って、イソフラボンの過剰摂取をするのではなく、適度なイソフラボンを摂取する、これに尽きると思います。
女性の身体はとてもデリケートです。ホルモンが多すぎても少な過ぎてもいけません。
難しいですが、自分を大切にする事こそが、自分自身の中の女性ホルモンを元気にすることではないでしょうか。

一般的ですが、湯船に浸かったり、食事に気を使ったり、よく寝ることを心がけています。
あとは、楽しむことです。ストレスをためないというほうが分かりやすいと思います。
毎日湯船に浸かるのは難しいので、そういう時は桶にお湯をためて足湯をしながらシャワーですませたり、食事に気を使いすぎて食べたいものが食べれないのもストレスになるので程よく、自分なりのルールをきめて外食やスナック菓子を食べたり。
早寝早起きは基本ですが一番難しいので、余裕がある日は意識しています。
ハーブティーも女性ホルモンを増やしてくれるということなのでよく飲んでます。生理痛緩和にもきくので切らさないようにしています。
あと、ときめくことでしょうか。少女マンガや小説、乙女ゲームなどをして擬似恋愛にいそしんでいます。
現実で恋愛をしていなくても、好きな人がいる気分になるので些細なことに気を配るようになったり、すぐそこのコンビニに行くだけなのに少し格好を気にしてみたり、女性ホルモンが分泌されている気がします。

女性ホルモンを活性化する方法に足の足首の辺りのツボ押しと膝の横辺りにあるツボ押しが効果があるようです。
私はお風呂でこの2箇所のツボ押しをやっていますが効果があるような感じがしないでもない…感じです。
後、女性ホルモンが減少すると顔立ちが男っぽくなるらしいのですが顔の輪郭が角張ってきたり顎の辺りにひげのようなものが生えてくるらしいです。
それってすごく怖い事だと思います。
女性ホルモンを活性化する為に毎日せっせっと足のツボ押しをお風呂でやって顔が男っぽくならないように用心しないといけません。
もし男化しちゃったらすごくショックで立ち直れません。
女性ホルモン活性化に効果あるかはわかりませんがアロマセラピーもなんか効果あるかも?って思ったりします。
良い香りに包まれているとなんていうか女性ホルモンにアプローチしてるなぁ?って感じですね。最近グレープフルーツの香りを買いましたがなくなるのが早いのできっと効果あるのかも。
グレープフルーツはセリュライトと紫外線に効果あるらしいですがたまにゼラニウムもすごく欲しくなります。
ゼラニウムも女性ホルモンに影響あるそうですが五感に働きかけるのはリラックス効果も期待できますね♪

女性ホルモンを増やす為、生活習慣をだたし、食事にも気をつけておりなるべくお茶はハーブティーをメインとして料理は、ビタミンEには、脳内の血行を良くする作用があり、ホルモン分泌の司令塔である視床下部の働きを活発化させてくれます。また、女性ホルモンを分泌する卵巣にもビタミンEが高濃度で含まれているため、直接女性ホルモンの代謝にも関わっています。【アーモンド】や【ピーナッツ】などのナッツ類には、このビタミンEが多く含まれています。その他、オリーブオイルやごま油などの【植物性油】、【アボカド】、【かぼちゃ】、【ほうれん草】や【ウナギ】などの食材でもビタミンEは豊富にとることが出来ます。サラダにアーモンドスライスを加えてみる、など手軽に摂取できる方法でサラダなどにして毎日摂取しています。

 

また、NASAも認めたスーパーフード、【キヌア】。南米産のこの穀物には、ビタミンやミネラル、たんぱく質、食物繊維が豊富に含まれており、栄養価がとても高い食材です。さらには、美容に作用する女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをする「フィトエストロゲン」を多く含むため、ホルモン活性化に効果的です。ご飯と一緒に炊いたり、サラダやスープに混ぜたりして、少量でも摂取しやすく重宝しております。多少お金はかかりますが、こういうやり方を自身でしていく上でホルモンの増加になると思っています。