女性ホルモン増やす 方法

女性らしい体型にはホルモンバランスも重要

若い頃は体のメリハリがあり、腰はくびれ、足は引き締まり、胸やお尻などは女性らしい丸みや膨らみがあったのに、妊娠出産を経験後、徐々に体系が変わってくるのは女性の宿命かもしれません。

 

それでも、30代前半までは、そこそこ維持できていた方も多いのではないでしょうか?
しかし、35を過ぎると加速度的に衰えが襲ってきます
肌のたるみ、くすみ、ダイエットの効果が表れにくく、肌だけでなく体全体が重力に負け始めているのを感じます。

 

この原因は加齢による女性ホルモンの減少です。
女性ホルモンが豊富に分泌されているからこそ私たち女性の10代20代は、女性らしいぷりぷりの肌、ハリのあるバスト、ふわふわのコシのある髪、代謝の良い体、特に運動をしている訳でもないのにたるみのない体、これすべてエストロゲンのおかげです。

 

エストロゲンは美容ホルモンとも呼ばれ、女性の美しさを得るのにかかせないホルモンです。
そのエストロゲンが、30代から減少しだします。
35歳になると顕著に減少を体が感じはじめ、40代になると更年期という形で病気の症状のようにあらわれます。
いわゆる更年期障害ですね。

 

では、私たちは、加齢による女性ホルモンの減少を止められないのでしょうか?
更年期障害の症状は通りすぎるまで我慢するしかないのでしょうか?

 

答えはノーです、女性ホルモンの分泌は増やすのが可能です。
その方法として、高麗美人のような女性ホルモンの分泌を促すサプリを服用があります。

 

ホルモンのバランスがとれないためにおこる更年期の症状には、高麗美人のような女性ホルモンの分泌を促すサプリを服用すると徐々に女性ホルモンのバランスが整うため症状の改善が感じられます。

 

それだけではありません、女性ホルモンは美容ホルモン、それが増えるのですから、女性にとって喜ばしい枯れてきそうな花が栄養剤で復活するように、様々な部分に若返りの効果を期待できます。