女性ホルモン増やす サプリメント 方法

閉経後に女性ホルモンを増やす

閉経したと言っても女性ホルモンの分泌がゼロになるわけではありません。

 

閉経しても多い女性は20pg/mlの女性ホルモンの分泌は行われています。

 

ですから、極力20pg/mlの女性ホルモンの分泌を保つことは可能です。

 

そのためには、女性ホルモンの分泌を促す生活習慣を行うことがおすすめです。

 

また、60代で閉経を迎えたとしても、寿命が延びた現在ではまだまだ、オシャレを楽しんで女性らしい生き方をしたい方は多くいます。

 

そこで、女性ホルモン分泌を促す、漢方やサプリメントを頼るという方も多いです。

 

又、美容ホルモンエストロゲンだけに頼らず、細胞の再生を促すプラセンタの力を借りる方も少なくありません。

 

プラセンタには女性ホルモンの分泌を促す働きもあるので一石二鳥です。

 

プラセンタは怖いという方もいますが、日本製であれば原料は厚生労働省が認可したものしか使えませんし、サプリメントは人間のプラセンタは使用できず、動物性プラセンタしか配合できませんので安心して服用することができます。

 

 

プラセンタ配合のサプリ

 

フワリ【FUWARI】

●新世代の高級美容サプリ

●濃縮プラセンタ7200mg+コラーゲン50000mg配合

 

品質・吸収率にこだわった純プラセンタだけでなく、

アスタキサンチンなど5種類の高級美容成分も配合
90日間の返金保証で安心です。



価格 容量 評価
お試し980円 90粒(1ケ月分) 女性ホルモン増やす,方法

 

 

レディーズプエラリア99%+(プラス)



●最高濃度のプエラリア・ミリフィカ配合99%

●40歳を過ぎ更年期を迎える女性のために作られたサプリ

 

1か月分が1万円と高額なサプリですが
その分、期待に応えてくれると更年期の症状に苦しむ女性の
口コミ評判が高いサプリメントです。



価格 容量 評価
お試し18,680円 60袋(2ケ月分) 女性ホルモン増やす,方法

 

 

 

閉経と女性ホルモン

女性は40代に入ると閉経に向けて子宮や卵巣の働きが悪くなってきます。

 

なぜなら、人間の体は、40代に入る妊娠という機能は必要がないものとなり閉経へ向かっていくのが昔では通常だったのです。

 

今でこそ高齢出産で50代で出産する女性もいますが、ここまで医学が進む前は30代後半でも妊娠のチャンスがわずかに残っている程度でした。

 

このように、特別なことをしない限り、閉経にむかって子宮や卵巣から女性ホルモンの分泌は減っていきます。

 

そして、50代〜60才で多くの女性が閉経を迎えます。

 

この女性ホルモンが徐々に減っていく状態になかなかなれず、体温調整や精神的に不安定な状態に対応できない状態のことを更年期の症状と呼んでいます。

 

 

 

閉経後女性ホルモンが減少することで起こるトラブル

閉経後、女性ホルモンの分泌の中で妊娠を司る黄体ホルモンは0.2ng/ml以下になります。
美や健康に司るエストラジオールも 20pg/ml以下になります。

 

この数値は男性のエストラジオールが20〜60pg/mなので、男性より少なくなっている状態です。

 

女性の体は女性ホルモンに守られてきた分、男性以下になった女性ホルモンの状態だと、逆に色々な病気を発症しやすくなっています。

 

 

更年期の関節痛と骨粗鬆症の関係

 

骨粗鬆症は更年期の女性に多い病気で、進行すると脊髄や大腿骨、前腕骨の骨折を起こす病気です。

 

これは女性ホルモンであるエストロゲンの減少により起こるものです。

 

エストロゲンには、骨の成形を促し、破壊を抑制する働きがありますが、分泌が低下することで、骨がスカスカの状態になってしまいます。

 

このように骨がもろくなってしまうと、関節に負担がかかり、関節痛を起こしやすくなります。

 

悪化すると、関節が変形することもありますので注意が必要です。

 

また、ちょっとした衝撃で骨がつぶれた状態になる圧迫骨折を起こすこともあります。

 

膝や腰の痛みが酷くなると歩くことさえ困難になる場合もあり そのまま寝たきりになることも少なくありません。

 

高齢女性の生活の質を保持する為には、骨折の危険性を評価し、その骨折を起こさないことが必要となります。
そのためにも、更年期を迎えたら、骨密度の測定を行うことをおすすめします。
とくに閉経後には骨量が大量かつ短期間に減少していくので、閉経後の骨量測定はなくてはならないものだと考えられています。

 

 

更年期にカルシウムとビタミンDの有効性

 

更年期に起こりやすい病気の一つに骨粗鬆症が挙げられます。

 

特に、閉経後には急激に骨量が減少しますので、予防対策を十分に練っておく必要があるのです。

 

その為は定期的な骨量の測定と、日々の食生活を気をつけることです。

 

骨粗鬆症の予防のために必要な栄養素はカルシウム、骨はカルシウムから作られています。

 

牛乳や乳製品、大豆製品などがカルシウムを多く含んでおり、骨粗鬆症予防のために必要なカルシウムの一日の摂取量は、1000〜1500rです。

 

また、ビタミンDは、腸からのカルシウムの吸収を促進し、骨に直接作用して骨の質を維持しますので、骨粗鬆症予防に有効な成分です。

 

鰹や鰊、鮭などの魚類、きくらげや干ししいたけなどのきのこ類に多く含まれています。

 

食品から摂取したビタミンDは、日光浴することで身体の中で使える形に変化されますので、意識して摂取しましょう。

 

更年期におこる性器トラブル

 

女性ホルモンの分泌が少なくなると外陰部や膣の萎縮により、膣の粘膜が薄くなり、分泌物も少なくなってきます。
そのため、膣の乾燥感、臭いのあるおりもの、そして性交時の痛みが出やすくなるのです。

 

閉経後に性交を中止する女性は多く、その大きな要因が性交痛なのです。

 

性的欲求があるにもかかわらず、痛みが伴うため性交を避けている夫婦の問題は深刻と言えるでしょう。

 

このような性器に関する閉経後の変化は、日常生活の中で予防する方法はありません。

 

これは加齢によるものですので、避けて通ることはできないのです。

 

しかし症状はホルモン補充療法で改善することもできますし、性交痛を和らげるための潤滑油も市販されています。

 

人にはなかなか相談しにくい部分の悩みですが、改善させたいと思っている女性は、ためらわずに婦人科の医師に相談してみましょう。

 

自然閉経以外の更年期障害を起こす原因

閉経前後10年間を更年期といいます。

 

この間、卵巣機能が衰えることで女性ホルモンの分泌が低下し、起こるさまざまな不調が更年期障害です。

 

ほてりや発汗、頭痛やイライラなど多岐にわたり、症状が現れるのです。

 

女性の体は女性ホルモンによって守られていますが、その分泌量が減ることで、ほてりや発汗、頭痛やイライラなど多岐にわたり、症状が現れるのですが 女性ホルモンの低下の原因は、閉経だけではありません。

 

たとえば、閉経前に両側の卵巣を摘出する人工閉経をした女性、子宮内膜症や子宮筋腫の治療のために排卵を抑えるような特殊な薬を投与している女性は、女性ホルモンの分泌が低下しています。

 

それにより、更年期障害と同じような症状が見られるのです。

 

また更年期障害といえば、女性の病気だと思われがちですが、実は男性にも見られます。

 

加齢に伴い、血中の男性ホルモン量が低下することにより、女性の更年期障害と同じような症状が起こることがあります。

 

これを正式にはロー症候群、一般的には男性更年期障害と言われるものです。