女性ホルモン増やす 方法

女性ホルモンが分泌される仕組み

子宮と卵巣は女性にしかない臓器で、この臓器は女性ホルモンと大きく関わっています。
女性ホルモンを分泌するのは、卵巣ですが、その分泌量をコントロールするのは脳です。
脳の視床下部、下垂体かの指示で性腺刺激ホルモンが分泌され卵巣が働きます。

 

子宮と卵巣は密接に関わっており、卵巣から女性ホルモンが分泌され、子宮膜が厚くなり受精卵が届くのを待ちます。
受精卵の着床がなければ子宮内膜は剥がれ落ちます、これが生理です。

 

そんな女性ホルモンの分泌はやみくもに行われている訳ではなく、脳からの指令が出るので、一定のサイクルで分泌されます。

 

鶏の卵が先かひよこが先かではないのですが、人間の場合は、もともと卵巣に卵の準備はされています。
この卵、私たちが赤ちゃんとして生まれた時から存在するもので、生まれた出た瞬間から加齢が始まります。

 

そんな眠っている卵に対し、成長を始めなさいと支持を出すのが脳です。
脳と言っても広いのですが、この支持を出すのは視床下部と脳下垂体です。
脳からの支持を受けた卵巣はエストロゲンを分泌しいくつかの卵が目を覚まし、育ち排卵の準備が始めます。

 

排卵後は黄体という黄色い物質からもう一つの女性ホルモンプロゲステロンが分泌されます。
このホルモンが分泌されると子宮に内膜が厚くなり受精卵の着床を待ちます。

 

女性ホルモンがストレスの影響を受けやすい理由

 

女性ホルモンはストレスの影響をすぐ受けため、女性は生理が乱れたり体調を崩しやすかったりします。
その原因は、女性ホルモンの分泌コントロールをしているのが視床下部だからです。

 

ストレスは脳に直接負荷がかかるためストレスがあると視床下部はすぐバランスを崩します。
視床下部は女性ホルモンだけでなく、副腎皮質ホルモンや甲状腺ホルモンなど他のホルモン分泌にもかかわっているため、視床下部にストレスがかかることは、女性ホルモンだけの問題でないため
体のあらゆる部分体だけでなく心にまで不調という影響を及ぼすのです。

 

血液の中にほんの少量しか存在しないホルモンですが、その働きは多大である故に少しの乱れが大きな乱れとして体に悪影響をもたらします。
ともかく、ストレスの多い現代社会、視床下部に乱れが起こらないようにリラックス状態を保つことが健康維持にもつながります。