女性ホルモン増やす サプリメント 方法

女性ホルモンの乱れと肌のお手入れ

女性ホルモンは肌の状態に大きな影響を与えます。
よって、女性ホルモンの分泌量が変わる生理周期に合わせて肌のお手入れを変えることで常に最高の状態を保てるようにしましょう。

 

生理中の肌のお手入れ

 

生理中はエストロゲンもプロゲステロンも分泌量が減るため、体温が下がり、体の血行が悪くなり、肌の調子も悪くなる時期です。

 

生理中は肌の血行を良くする炭酸配合の基礎化粧品がおすすめ!

 

 

血行が悪いと肌が乾燥しやすくなるので、肌に潤いを送りこむような保湿重視の化粧品がおすすめ!


 

 

肌に水分をたっぷり送り込むヒアルロン酸より保湿するプロテオグリカン配合化粧品がおすすめ!

 

 

生理後のお手入れ

 

生理が終わって1週間をかけ、肌の調子は最高に調子が良い状態になってきます。
これは、エストロゲンの量が徐々に増えていくためです。

 

新陳代謝が良いこの時期ピーリング石鹸で古くなった角質をしっかり落とすことで新しい肌細胞がどんどん生まれてきます。

 

肌細胞の中にできたメラニンをターンオーバーが活発なこの時期に排出することでシミ予防につながります。

 

 

 

排卵後のお手入れ

 

エストロゲンが減り、プロゲステロンが増えてくるため皮脂の分泌が増え、肌の調子が徐々に悪くなっていきます。

 

ニキビ体質の肌はこの時期に吹き出物がひどくなる傾向があります。

 

この時期にニキビの原因になるアクネ菌を繁殖させないことが重要です。

 

生理前のお手入れ

 

むくみが出やすく、肌が最悪の状態になっていきます。

 

この時期のお手入れを怠ると、くまが目立ったり、シミが肌表面に現れやすくなります。

 

肌がダメージに弱い状態ですので、紫外線対策を特にしっかり行いたい時期です。