女性ホルモン増やす サプリメント 方法

アロマで女性ホルモンの分泌を増やす

精油自体に女性ホルモンの分泌を促すものもありますが、アロマ精油には、ココロと体のバランスを整える働きもあるので、自分の好みの香りをブレンドすることでリラックス効果をもたらします。

 

女性ホルモンの分泌を促すアロマ

ローズオイルは、女性の強い味方、美しい女性と言われる方の多くが使用しているローズアロマは、ローズそのものに卵巣機能に働きかけ女性ホルモンの分泌を調整する働きがあります。

 

しかも、自律神経を整える働きもあるローズは癒し効果も抜群。

 

ただ、ローズアロマは少量で高額なため、頻繁に使うとなるとちょっと懐具合が・・という人もいるでしょう。

 

その場合は、ローズに似たフローラルの香りがするゼラニウムがおすすめです。
ローズと同様、女性ホルモンの分泌を調整するので、生理不順や更年期の方にもおすすめのアロマです。

 

ストレスを解消するアロマ

イランイラン・・女性らしさを高めるアロマとして古代の女性が自分の魅力を引き出すために好んで使ったオイルです。
サンダルウッド・・別名白檀、寺院で嗅ぐあの香です。
プチグレン・・パニックになった時に嗅ぎたい香です。ココロを落ち着かせる働きがあります。

 

好きな香りはリラックス効果をもたらす

アロマテラピーは芳香療法と言って好きな香りを嗅ぐココロを穏やかにする治療法です。

 

香の好みは様々体に良い香と好きな香りが異なるのは当然なので、薔薇の香りが苦手という女性もいるでしょう。

 

そんな場合は、アロマテラピーは香の好みより効果を優先する場合がありますが、もっと気軽に好きな香りを嗅ぐ、好きな香は良い記憶と直結している傾向があり、それだけで過去の良い記憶と香が結びつき脳がリラックスします。

 

合成より無添加を

 

アロマコーナーをのぞくと最近は天然アロマオイルだけがならんでいる訳ではありません。

 

ベースはアロマオイルなのですが、合成のオイルを入れより強い複雑な香水なような香りを放つアロマオイルも販売されています。

 

しかし、ながら、植物から抽出した自然の香りで行うのがアロマセラピーの基本、合成の香りは添加物が入っている場合もあり、香が良くてもあまりおすすめしません。

 

特に、お風呂に入れる、ハンカチにたらすなど、皮膚や粘膜に触れる場合には自然由来のアロマオイルを使うようにしましょう。

 

肌トラブルの原因になりかねません。

 

アロマの使用方法

 

  • 浴槽に1-2滴
  • ハンカチに1滴
  • 芳香剤として使用
  • アロマ成分配合のボディークリームを使用する

 

など、香によるリラックスできる方法はいろいろとあります。