女性ホルモン増やす サプリメント 方法

女性ホルモンを増やす薬

女性ホルモンを増やすことを目的とした薬を使うことで、女性ホルモンのバランスが乱れるためにおこる様々な不快な症状を改善することができます。

 

また、女性ホルモンには女性の美しさを司る美容ホルモンとさえ言われるのエストロゲンが含まれいるため、不快な症状を改善するために飲んでいたつもりが美しさも手に入れることができるという、うれしい薬とも言えます。

 

しかし、安易に薬に頼るのは危険で、例えば、ピルを避妊のために50歳まで飲み続けた女性が、医師の指示を受けることもなく突然ピルを飲むのをやめたことで更年期の症状が強くでるという例もあるため、薬の服用に関する自己診断は危険です。

 

 

プロゲステロンクリーム

 

プロゲステロンは塗布タイプのクリームで天然のプロゲステロンを配合しています。
排卵後から生理直前のエストロゲンの量が減る時期に塗布することでホルモンの変動が穏やかになり不快な症状が出にくくなります。

 

PMSの症状も緩和されるこのクリームは塗るだけという手軽さもあり好まれますが、病院での処方のみになります。
ただ、日本では認可がおりていない塗布薬のため保険適用外の上に扱っている医療機関が限られています。

 

プラセンタ錠剤メルスモン

 

女性ホルモンそのものではなく、プラセンタにより女性ホルモンの分泌を促す薬です。
医療機関でしか購入できないメルスモンはヒトプラセンタを使用し、プラセンタ注射とプラセンタ錠剤があります。

 

更年期の治療薬としても認められているメルスモンは保険適用されている薬でもあります。

 

ホルモン調整力のあるプラセンタを摂取することで、自律神経の乱れを改善し不快な症状が出にくくなります。

 

避妊薬ピル

 

避妊薬のイメージが強いピルですが、生理痛やPMSや更年期の治療にも使われる、エストロゲンとプロゲステロンを配合した女性ホルモン剤です。

 

ピルには、経血の量を減らしたり、痛み物質プロスタグランジンを抑える働きがあるからです。

 

ピルには21日間タイプと偽薬が配合された28日間タイプのものがあり、生理周期を整える働きもあります。