女性ホルモン増やす 方法

女性ホルモン分泌量の変化

女性ホルモンの分泌を促すといわれるとたいそうな量が分泌される感覚になりますが、体の中で女性ホルモンが分泌される量は一生分でもティースプーン一杯と言われています。
ほんの少量で体の好調・不調をもたらす女性ホルモンがいかに、健康維持に関わっているか感じますね。

 

女性は多いく4つの時期があり、その期間で分泌される女性ホルモンの量は大きく異なります。
小児期・思春期・性成熟期・更年期です。

 

小児期の女性は、性器こそ女性のものであっても女性ホルモンの働きはほぼなく、男児と体型などなんらかわりません。
ところが思春期になると急に女性の部分が増えてきます。
これは、卵胞刺激ホルモンの分泌が増えるからです。
最近の小学生は、胸のふくらみや初潮を迎える時が早くなっているので、生理周期が整い、妊娠が可能な女性の体になる性成熟期が始まるのが低年齢化しています。
10代から始まる性成熟期は20代をピークに30代になると徐々にその卵巣機能が低下を始めます。
これ更年期といい、特にアラフォー間近になるとガクッと分泌量が減るのでこの時期をプレ更年期と呼ぶようになってきました。
そして、顕著に更年期の症状が出る時期を更年期と分けて呼ぶようになっています。

 

その後、年をとるたびに女性ホルモンの分泌は下がり、やがて生理が止まる閉経を平均年齢50歳で迎えます。

ホルモンバランスが乱れる要因

ホルモンバランスの乱れは生理痛や生理不順など生理に関する部分に悪影響を及ぼします。
中には全く生理が来ない無月経といった症状が出る事もある様です。
女性ホルモンであるエストロゲンは女性らしさを司る女性にはなくてはならない重要なホルモンで、とてもデリケートな為、バランスを崩しやすいのが特徴です。

 

バランスが乱れると肌荒れ起こりやすくなります。
生理前にニキビや吹き出物が出来やすいのは、エストロゲンが減少する時期という理由です。
肌が生まれ変わるサイクルも鈍くなり、出来たシミなどが消えにくくなってしまいます。
その他、閉経前後5年間は更年期といわれ、エストロゲンが急激に減少し、ホルモンバランスを崩しやすくなります
そのため、更年期特有の症状であるほてりや頭痛、疲労感などを感じる方もいるでしょう。

 

月経周期が不安定な思春期もホルモンバランスを崩しやすく、年齢的な問題も大きいと言えます。
さらにストレスや食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足、過剰なダイエット、喫煙など様々な要因で乱れてしまいます