女性ホルモン増やす 方法

プレ更年期

本格的な更年期は一般的に40代〜始まるのに対し、30代〜40代に更年期と同じような症状が出る女性も多くいます。
これをプレ更年期と呼んでいます。

 

これは、30代から女性ホルモンの減少が多く始まることで、更年期の症状が出ることを指します。

 

プレ更年期という存在があまり知られていなかった時、ヒステリー、さぼっている、病気のフリなどとひどい言葉を言われてきた方もいます。
しかし、プレ更年期は自分ではコントロールが効かない病気ですので、病院に行って治療を受けることで改善が可能です。

 

プレ更年期に見られやすい症状

 

・筋肉や骨が弱くなり、ちょっとした事で骨折や痛みが走る
・関節痛が始まる
・花粉症?と間違うほど目や鼻やのどなど粘膜の痒みが起こる
・めまい・頭痛・耳なりが突然おこる
・急に寒くなる
・急に暑くなる
・脇・顔など汗が止まらない
・頭に靄がかかっているようで頭の働きが悪い
・集中力が続かない、物忘れが激しくなる
・イライラする
・マイナス思考が強くでる
・やる気がなくなる

 

どうですか?30代で更年期の症状が出るなんて知らない人だと、自律神経失調症と思うかもしれません。
ただ、体や臓器の劣化は、更年期の特徴ですので、精神的なものと体の不調が同時に起こる場合はプレ更年期を疑い婦人科に行くことで病気を早期に改善することができます。

プレ更年期の治療にも処方されているピル

ピルの主成分は女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステノーゲン(黄体ホルモン)です
配合量はそれぞれのピルによって異なりますが、これらの成分を服用することで、女性の身体は妊娠した時と同じようなホルモンバランスになります。

 

そのため、これらのホルモンバランスが急激に変動することによって起こることが原因のひとつとして考えられている月経前症候群(PMS)による下腹部痛や腰痛、イライラする、涙もろくなるなどの症状を緩和することができます。
さらには女性ホルモン減少することによって起こる更年期障害や骨粗しょう症などを予防する効果があるとされ、治療薬としても活用されるなど、実は避妊以外にもこんなにもメリットがあるのです。

 

ですから、プレ更年期の治療にもピルは有効です。
プレ更年期は40代前に起こる早い更年期ですが、ピルを服用することで、エストロゲンを補充することになり、美肌や美髪効果も期待できます。

PMSの治療にも処方されているピル

PMSは生理日前後に体や精神の様々な不調が現れる症状ですが、この状態は二つの女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランスの変動することが原因とされています。

 

PMSは8割の女性が経験したことがある症状です
このようなホルモンバランスの変動を整える働きのあるピルは、PMSの治療として病院で処方される機会が増えました

 

ピルを服用することで生理周期を28日間で整え、子宮内膜が厚くなりすぎるまえに生理が来て生理痛などの不快な症状が軽減されます。
また、ホルモンバランスを一定に保つことで、男性ホルモンが原因となるニキビや肌荒れ、PMSでよく見られる症状である生理前のイライラといった症状を抑えることが可能となります

 

ピルは、処方箋が必要な薬ですので、服用を始めるためには医療機関での受診が必要となっています
避妊目的として使用する場合のピルは保険適用外ですが、PMS治療を目的として使用するピルは保険が適用されます。